手作り化粧品とアロマ生活(精油の利用法)

私が手作り化粧品を始めたわけは、市販の化粧水がどうしても肌に合わなかったことでした。どんな化粧水を試しても、つけた途端に肌が赤くなってしまうのです。最初はこれで当たり前なんだと思っていましたが、ファンケルの化粧水を使うとまったくその赤みがなくなりました。ようやく肌に合う化粧品が見つかったと喜んでいましたがファンケルは容量が少なく、しかも使わないときはなぜが肌が乾燥してしまう・・・・。
 そんな状態が続いたある日、ゆほびかという雑誌で美肌水に出会いました。アトピーが治ったとか、いろんな効能があったので、安いし手作りしてみようと思いました。

さて、作ってみて・・・・
あれれれ?赤みもなくなったし、何より、つけなくても肌が乾燥することがなくなったんです。本当にびっくりしました。

 その後、「お風呂の愉しみ」や、ハンドメイドコスメの本を見たりして、いろんな化粧水を作るようになりました。
また、精油を使ったマウスウォッシュや歯磨き粉など、毎日の生活の中でちょっと気分を変えたいとき、リラックスしたいときなど、アロマポットで精油を焚いたり、薬代わりに使ったり、精油はよく使います。普段使いで一番重宝するのがラベンダーです。
化粧水もクリームもマウスウォッシュもラベンダーを使っています。

精油に関しては、禁忌事項もあるものなので、アロマに関するサイトでよく調べてからお使いになってください。
特に妊婦さんや、幼児には不向きなものもありますので、使用される場合にはご注意が必要です。

inserted by FC2 system